≪実際の生活や臨床にいかせる動機づけ面接≫ (回答:24名)

1.所属: 医師…1名  心理士…10名  その他…12名(看護師 2名、PSW 1名、SW 1名、相談員 1名、NPO 1名、大学院生 1名、学生 1名、心理士+院生1名)

2.性別: 男…9名  女…15名

3.年代: 20代…6名  30代…10名  40代…3名  50代…4名  60代…1名

4.この研修会をどこで知りましたか?

会のHP …3名  チラシ…3名  知人・友人…12名  新聞・テレビ…3名  その他…1名 
会のHP+知人・友人…1名  会のHP+チラシ+知人・友人…1名

5.使用した資料(プリント,スライド)は分かりやすかったですか?
分かりやすかった…22名  どちらともいえない…2名  分かりにくかった…0名
・絶対にしない。⇔絶対する。(このスライドが分かりやすかったです)

6.講義内容はわかりやすかったですか?
分かりやすかった…24名  どちらともいえない…0名  分かりにくかった…0名

7.講義内容は,今後実践出来そうですか?
出来ると思う…18名  どちらともいえない…4名  出来ないと思う…2名

8.Fで出来ないと思う理由を、簡単にお書き下さい。
◎実技・練習を重ねないと難しく、失敗すると思う。(看護師)
◎実践前に十分に練習しなければいけない。(心理士)
◎強制的立場でもあるので、場面を使い分ける必要がある為。(ソーシャルワーカー)
◎完全には難しいと思いますが、日々の活動で今日教えて下さった内容を適時に振り返ったり、トレーニング出来る場が必要だと思いました。(PSW)

9.どの部分が印象に残りましたか?(複数回答でも可)
≪医師≫
◎ロールプレイで、実際言葉にしていく事がいかに難しいか実感しました。

≪心理士≫
◎ロールプレイが実際にやってみる事で、分かりやすいと感じた。
◎共感が大事というところ。
◎本を読んだだけでは腑に落ちないでいた所が、ある程度理解できた。例えば質問「~か?」の語尾をあいまいにすると聞き返しに近づくというアドバイスはとても具体的で、という自分の口調を変えようか迷っていた私には大変役立つものだった。
◎具体的な練習方法。

≪その他≫
◎増幅した聞き返し
◎グループワークで練習した所。(院生)
◎単純な繰り返しが動機づけを高める。(院生)
◎ぼんやりと聞いた方がイメージがわく。聞きづらいことも上手に聞く事で会話につながる。(学生)
◎共感。対立構造になりやすい場面で動機づけ面接。(ソーシャルワーカー)
◎動機づけ面接のポイント。(相談員)
◎“共感”が作られるまでのプロセス。動機づけの初期。(PSW)

10.この研修会に対する総合的な満足度はどのようなものですか?
満足…21名  どちらでもない…2名  不満…0名  無回答…1名
・新聞にはOCDについて大きく取り上げられていたので、OCDの行動療法の研修会だと思っていました。(NS)

11.ワークショップの次回の時期や場所の希望はありますか?
開催月:9月(2名)・随時(1名) 開催曜日:土・日曜日(3名) 
開催場所:広島、広島駅近郊、九州出来れば長崎、また広島でして下さい。西日本で多く実施して頂けると嬉しいです。

12.当会が行う研修会にまた参加したいと思いますか?
参加したい…21名  どちらでもない…1名  参加しない…0名  無回答…2名

13.その他,ご感想やご意見,ご要望をお書きください。
≪その他≫
◎今後面接をする時の緊張が少しほぐれそうです。(学生)
◎実践(演習)が含まれていて、理解し易かったです。ありがとうございました。
◎今、私達援助職にとって最も大切な(個別の)実践という風に思いました。是非今後も広島に来て下さい。(PSW)






≪強迫性障害に対する認知行動療法〜基礎からちょっとしたコツまで〜(回答:26名)

1.所属: 医師…2名  心理士…16名  その他…8名(相談員 1名、NPO 1名、大学院生 4名、学生 1名、無回答 1名)

2.性別: 男…12名  女…14名

3.年代: 10代…1名  20代…9名  30代…11名  40代…2名  50代…3名

4.この研修会をどこで知りましたか?
会のHP …3名  チラシ…7名  知人・友人…13名  新聞・テレビ…0名  その他…2名 
会のHP+チラシ+知人・友人…1名

5.使用した資料(プリント,スライド)は分かりやすかったですか?
分かりやすかった…24名  どちらともいえない…2名  分かりにくかった…0名

6.講義内容はわかりやすかったですか?
分かりやすかった…24名  どちらともいえない…0名  分かりにくかった…0名

7.講義内容は,今後実践出来そうですか?
出来ると思う…18名  どちらともいえない…8名  出来ないと思う…0名

8.Fで出来ないと思う理由を、簡単にお書き下さい。

9.どの部分が印象に残りましたか?(複数回答でも可)
≪心理士≫
◎強迫の価値感と他をきっこうさせる。
◎ユーモアを交えたエピソード。
◎事例。
◎思考と行為がごっちゃになってしまう時の対処。
◎不快感は回避しなくても自然と減っていくということ。
◎質疑応答
◎OCDの細かい諸症状や対応例など参考になりました。
◎強迫性障害の症状。
◎まずは、正確にモニタリングするところが大切だという事。早速来週から取り組みたい。援助職がまず不安に耐えなければならない事は確かに、~と感じた。
◎“しばらく放置すれば、やがて慣れる”というお話の中で、いくつか分かりやすい例を示して下さった時、患者さんへの説明(心理教育)にも活かせるなと感じ、分かりやすさに感動しました。

≪その他≫
◎反応妨害法の説明例。OCDに関連した特徴、理論のまとめ。フロアの皆さんの相談とお答えが大変勉強になりました。(院生)
◎多様なアイデア、応答例、考え方etc.(院生)
◎知らない事ばかりでしたが、特に「やってみよう」と思った自分の瞬間が印象に残りました。(院生)

10.この研修会に対する総合的な満足度はどのようなものですか?
満足…24名  どちらでもない…2名  不満…0名
・応用まで学べ、実例があったりとイメージしやすかった。(院生)
・講義が分かりやすく、面白かったです。

11.ワークショップの次回の時期や場所の希望はありますか?
開 催 月:8~9月(1名)、6~7月(1名) 、7,8,1,2,3月(1名)、3月(1名)
開催曜日:土・日曜日(2名) , 土曜日(1名) ,日曜日(2名) 
開催場所:広島(3名)、広島あるいは中部地方(1名)、北部九州出来れば長崎(1名)、
いつでも。また広島で開催して頂けると嬉しいです(1名)あればいつでも行きたいです。(1名)

12.当会が行う研修会にまた参加したいと思いますか?

参加したい…26名  どちらでもない…0名  参加しない…0名

13.その他,ご感想やご意見,ご要望をお書きください。
≪心理士≫
◎とても分かりやすく、話が面白くて時間が短く感じた。また広島で行われれば参加したい。ありがとうございました。
◎関東や遠方に研修を受けに行くとなると、時間や金銭的コストがかかるため、広島に著名な先生が来てお話して頂けると、とても助かりありがたいです。





≪ついつい繰り返してしまう困りごとを自分で何とかするために〜強迫性障害への認知行動療法
(回答:53名)

1.所属: 患者…20名  家族…23名  心理士…4名  その他…6名(小学校教論、)

2.性別: 男…17名  女…36名

3.年代: 10代…1名 20代…8名 30代…15名 40代…1名 50代…13名 60代…4名 70代…1名

4.この研修会をどこで知りましたか?
会のHP …19名  チラシ…4名  知人・友人…13名  新聞・テレビ6名  会のHP+新聞・テレビ…1名
その他…10名(カウンセラー紹介、医師紹介.小さなことが…メルマガ、広島OCDぼちぼち会、本、OCDの会、(会)自助グループの口コミ、作業所の施設長より、友達の娘さんの紹介)

5.使用した資料(プリント,スライド)は分かりやすかったですか?
分かりやすかった…45名  どちらともいえない…4名  分かりにくかった…2名(色・字・バックの色)

6.講義内容はわかりやすかったですか?
分かりやすかった…48名  どちらともいえない…3名  無回答…2名
分かりにくかった…1名(例を出して自分がカウンセリングした人の話を聞きたかった〈家族))

7.講義内容は,あなたに役に立ちそうですか?
出来ると思う…46名  どちらともいえない…3名  出来ないと思う…2名  無回答…2名

8.どの部分が印象に残りましたか?(複数回答でも可)
≪患者≫
◎OCDのちょっとした体感幼感について。自分は、おかしいと思っていたことが、こういう症状があるんだと理解出来たこと。
◎最後の行動療法のところ(ほぼ同じだから自分と)
◎頭の中の考えと実際は違うんだという事を認めるのが大切な事。
◎来場者の事例を元に行動療法について進めてくれたのが分かりやすかった。
◎実際に会場で行動療法のやり方を指導されていたこと。
◎認知行動療法を実際に体験してもらったこと。
◎認知行動療法の仕方と進め方。強迫性障害の病気について詳しいこと。
◎患者デモ
◎本当にそうなるのか、行動実験する。
◎実際(現実)の場合(場面)より、頭の中での考え、設定が勝ってしまう。
◎思っていたよりOCDの人は多いという事。
◎強迫性障害の特徴。認知行動療法については、ある程度理解しているため、それほど新しい発見はありませんでした。
◎全部面白かったです。西川先生の「不安症状の仕組み」シートを実際に見れて勉強になりました。
◎家族の対応。
◎ネズミの電気ショックの部分。綱引き。家族への対応の仕方。
◎★回避行動とくり返す事で逆に症状が悪化してしまうという事。★頭の中の等価性。★強迫の価値観ではない価値観を拮抗させることで強迫一色の頭の中を変えて行くことができる。

≪家族≫
◎家族の巻き込み、保証をやさしく減らすには。不安や恐怖の悪循環。
◎実際の行動療法を見れた事。
◎時々強迫行為を手伝う事がいちばん良くないという事。
◎書き出す事で、明確になる事を知り、冷静に向き合って行こう感じました。ありがとうございました。
◎実際に体験してもらう。家族は保証を与えない。
◎家族の対応の仕方。最後のデモ治療。短時間でしたが、患者さんの気持ちや周りの対処法が良く分かりました。
◎全体的な資料を読むだけでは無駄だと思う。一方的な講義を聞きに来た訳ではない。本当に治療をされているのですか?
◎自我違和感(賭け事の話)。保証をやさしく減らす方法(回数券にする、手伝い)。来られた方の認知行動療法の体験(クレジットカードの番号、自分で命令出す)
◎他人の手洗い観察記録。家族が「本人の病気を応援するような保証。
◎強迫性障害のメカニズム等詳しく分かりやすく説明して頂いて良かった。患者でなくても、こういう所はあるなと思い当たる所もあり、患者本人の気持ちに少しは立つ事ができた。もう少しやさしく接してあげようと思った。

≪心理士≫
◎ライブでセッション場面を見せてもらえたこと。

≪その他≫
◎逃避学習と回避学習。(小学校教論)
◎ある程度の知識があれば楽になれる。
◎参加者による認知行動療法の体験が印象に残りました。百聞は一見にしかず、実際の場で見る事は有意義だと思います。
◎私は、OCDではないと思っていたのですが、具体的に例を聞いてちょっとそうなのかもなと思いました。悪く考えずに今よりラクになる為に役立てたいと思います。
◎パワーポイントの画面の説明より暴露妨害法など実際にたってみた実験結果が見れてことが印象的でした。しかし、事前にこの人に、と決めてくれてた方が良かったと思います。時間の無駄です。

9.当会が行う研修会にまた参加したいと思いますか?
参加したい…44名  どちらでもない…4名  参加しない…4名  無回答…3名

13.その他,ご感想やご意見,ご要望をお書きください。
≪患者≫
◎資料も分かりやすく、ユーモアを交えながらの講義で楽しみながら話を聞くこと出来ました。客観的に自分の病気について認知行動療法について知識を得られる機会をありがとうございました。
◎認知行動療法について知りたかったので有難かったです。とても楽しく役に立つことをたくさん教えて頂き嬉しかったです。
◎西川先生がとても優しくお話して下さり、病気の事で不安になりそうな所を治るかもしれないという希望が持て今から自分に出来る事をやってみようという気持ちになりました。西川先生のお話、また聞きたいです。ありがとうございました。
◎とてもためになりました。自分の考えは間違っていたと思いました。早く知っていれば正しい対応ができ苦しい思いをしなくても良かったのに。ありがとうございました。広島にも患者の会があれば良いと思います。またセミナーをお願いします。
◎一般的な強迫観念の説明じゃなく、その他の強迫観念について説明など聞きたかった。要望は、認知行動療法以外の精神療法を知りたいです。
◎私は主に確認・加害強迫が強くて、認知行動療法と薬物治療で今はほぼ良くなりました。OCDの研修にも何度か参加させて頂いているのですが、今回確認や加害についてのお話も聞けて良かったです。今はほとんど日常生活は困らない程度まで回復しているのですが、強迫のひどかった時期の事を思い出しながら先生のお話を聞いてしました。今でも強迫観念はたびたび出るのですが、今日は出たとしても、たぶん受け流せると思います。親にもすごく確認行為を巻き込みしていたので、親も大変だったろうな…なんて思います。これからもOCDと上手く付き合いながら、色々な事を自分にとってもプラスにしていこうと思います。また自分も今後OCDの人達に何か少しでも役に立てることがあればいいな…と思いました。今日はありがとうございました。
◎いくつかの本を読んだり、ネットで調べたりして分かっているつもりだった事も今日の講演を聞いてより理解する事が出来ました。OCDの理解が深まった様に思います。今日の講演内容の心理的な動きの部分は、自分に当てはまる事も多く納得できました。OCDの克服するために、今日教えて頂いたことを少しずつ実践していこうと思います。ありがとうございました。

≪家族≫
◎本日の西川公平先生の講義を是非DVD化して頂きたいと思います。
◎全てのお話がとても分かりやすかったです。娘が加害強迫と家族への確認の強迫性障害が行動療法のおかげで良くなりました、参加させて頂きました。OCDの仕組みや認知行動療法の成果を本当に良く確認できました。一度良くなっても、もしかしたらまた…と不安を持っていましたが消えました。
◎スタイドは分かりやすかったが、白黒でプリントすると見ずらい箇所があった。資料の後半は専門用語が多かった。
◎家族を巻き込み事に関して、いつも応答するより時々応答する方が巻き込みを増やすというのは驚きだった。気をつけたいです。認知行動療法を言葉は知っていてもどんなものかは具体的に知らなかったのですが、具体例を挙げて説明して下さったのでよくわかり、勉強になりました。ありがとうございました。
◎パワーポイントの作り方を考えて下さい。はっきりした色を使い分かりやすい物にして欲しい。会場の広さ等も考えて下さい。暖房をつけて欲しかった。とても寒かった。資料を読むだけなら講師は必要ない。
◎何冊かOCD関連の本を読んで「くり返しの思考/行動」チェック法のようなものと、家族が本人に行おうとしてきましたが、面倒がったり不安はずっと続くので意味がない」とやる気になりません。本人が認知行動療法にやる気になるには、どんな方法があるのか?その辺ももっと伺いたいと思いました。

≪その他≫
◎パワーポイントの内容をプリントに忠実に載せて配って頂いたので、後日思い出す際に役に立つと思います。
◎とても分かりやすかったです。西川先生のお話は初めてでしたが、またこのような機会があれば嬉しいなと思います。ちょっとOCDを怖いなと思っていたのですが、知る事でその気持ちが薄らぎました。
◎パワーポイントの色をもう少し分かりやすい色分けにして欲しかった。前半しか出れない人にもわかる資料にして欲しかった。






≪家族が学ぼう,動機づけ面接
−大切な人に変わってほしいと思う前にあなたができること あなた自身ができる家族への動機づけと環境調整−

(回答:43名)

1.所属: 患者…12名  家族…20名  心理士…4名  その他…7名

2.性別: 男…7名  女…24名

3.年代: 20代…5名 30代…13名 40代…12名 50代…9名 60代…4名 

4.この研修会をどこで知りましたか?
会のHP …19名  チラシ…2名  知人・友人…8名  新聞・テレビ6名  会のHP+新聞・テレビ…1名
その他…7名(カウンセラー.兄弟、会の家族会、心療内科)

5.使用した資料(プリント,スライド)は分かりやすかったですか?
分かりやすかった…29名  どちらともいえない…10名  分かりにくかった…3名  無回答…1名

6.講義内容はわかりやすかったですか?
分かりやすかった…28名  どちらともいえない…24名  分かりにくかった…0名  無回答…1名

7.講義内容は,あなたに役に立ちそうですか?
出来ると思う…34名  どちらともいえない…7名  出来ないと思う…0名  無回答…1名

8.どの部分が印象に残りましたか?(複数回答でも可)
≪患者≫
◎どのような場面でどのような目的で、どんな言葉を使えば良い?が難しかった。スキルUPのための練習が必要。
◎電信柱
◎先生達の犬役
◎4人1組で実際に会話をやってみたこと。
◎ない、ねばならないをポジティブな言葉に置き換えるというテクニックがあるというのは目からウロコでした。
◎引っ張るのではなく電信柱になる。ポジティブな表現を使う。
◎最後のロールプレイが難しかった。
◎具体的事例があり、理解しやすかったが奥が深いと思いました。
◎ネガティブ⇒ポジティブな言葉に変える。

≪家族≫
◎研修会の中で、出席されている人が話をして原井先生が聞いている時に、じっくり話を聞いて共感されている姿が印象的だった。私も子どもの話を共感して聞きたいと思いました。
◎電信柱テクニック。ポジティブに言いかえる。非随伴性強化。理由を聞いて行くとダメ。
◎否定形の言葉は、物事をややこしくする要因だと分かり、日常生活の上で家族に対する言葉かけを意識しようと肝に銘じました。ありがとうございました。
◎ロールプレイのネガティブトーク
◎具体的な方法を取り入れてのお話で、分かりやすかったです。
◎忘れ物確認。
◎巻き込まれないための言葉の表現など「ああ、そうか」と納得させられたり、勉強になった部分もあったが、反面本人・家族とも気持ちが高ぶっている場面で冷静にそのような表現が出てくるのかとか、ロールプレイ通りに上手くやれるのか自信が持てないと思った。
◎相手の確認をポジティブな表現に言い換える。タイミングを見る。

≪心理士≫
◎理論的な事を言葉だけで説明するのではなく、日常場面での分かりやすい例に置き換えて話して下さっていたので理解しやすかったです。

≪その他≫
◎ロ―ルプレイ。理屈を実際の場面で応用するのは難しいと思いました。
◎電信柱のロールプレイ。
◎最後のロールプレイは具体的で参考になりました。でも、実践するのは難しそうです。


9.当会が行う研修会にまた参加したいと思いますか?
参加したい…37名  どちらでもない…3名  参加しない…0名  無回答…3名

13.その他,ご感想やご意見,ご要望をお書きください。
≪患者≫
◎家族側の視点を学ぶことが出来て良かった。また広島で開催して頂きたいです。
◎家族の視点からの話を聞くことができ、家族の苦労も知る事が出来て良かった。
◎初対面の方とのグループでのディスカッションは難しかったと戸惑いましたが、良い経験になりました。原井先生の実体験の話は身近で親近感がわきました。岡嶋先生の犬の鳴き声はお上手でびっくりしました。両先生方実演まで本当にありがとうございました。
◎OCD以外の教育にも役立つ内容で良かったです。

≪家族≫
◎動機づけ面接の練習では、患者に患者役をして頂くと分かりやすかったかな…と思います。ネガティブが不安を増やすというのは実感しました。
◎ロールプレイで行き詰った点にアドバイスを入れて上手くいく方法を考えて行った所では、こういう方法があるのだなと参考になりました。
◎間欠強化をもっと詳しく聞きたかったです。(どのタイミングで強化するのか具体例など)。上手にポジティブに会話の中ですぐ変換するのは難しいなと感じました。(いろんな具体的な変換例が学べてためになりました)
◎申込の事前アンケートを書いたのですが、取り上げって頂けなかったのが残念でした。本日はありがとうございました。
◎また自分のものになっていないから、まだまだ経験が足りないと思う。
◎もう少し家族への対応とか具体的に使える例を見せて欲しかった。素人の他人同士のいきなりロールプレイは難しいです。グループ作りも一苦労。
◎難しかったので、実際出来るかな?

≪その他≫
◎アスペルガーを伴っているので、今日の方法でいいかどうか分からない。しかし、会話のポイントは勉強になりました。
◎「OCDの家族がどうしたらいいか」「本人が受診しなくて家族が困っている」という問題に対し、専門家向けではなく、家族に直接講演するという手段がいいと思いました。身近な相談機関というと保健所や医療機関ですが、そのような職場の専門家は、OCDの家族を相手にする割合はそう多くなく、家族の方が実感が切実で必要性もより感じておられたのではと思いました。研修会に参加するのはこれで何度目かですが、参加するたびに新たに考えさせられる部分もありました。
◎OCDではないのでは?と思っていたのですが、心配性な所はあって、病気がそうでないかで心が分からないわけでも、全く理解できないわけでもない事がよくわかりました。OCDの人の役をしたら、なりきって感情的になってきて、何が嫌か、どうしてくれると納得できるか、ちょっと分かった気がします。
◎ポジティブな声掛けの大切さや共感する事、反語表現は相手をあおりたててしまう事を学びました。これから気をつけて接していこうと思います。ありがとうございました。






≪第8回市民フォーラム≫  (回答73名)

1.所属: 患者…16名  家族…29名(続柄:父5名、母13名、夫3名、妻2名、無記入6名 )  対人援助職…21名 その他…7名

2.性別: 男…28名  女…45名

3.年代:10代…3名 20代…4名 30代…2名 40代…11名 50代…17名 60代…10名  70代4名

4.この研修会をどこで知りましたか?
会のHP …16名  チラシ…4名  知人・友人…15名  新聞・テレビ25名  会のHP+新聞・テレビ…1名 
会のHP+知人・友人…1名  その他…11名(心療内科、ML,医師、広島OCDの会、母×2、広島OCD+ぼちぼち会、カウンセラー)

5.講演会内容は分かりやすかったですか?
分かりやすかった…41名  どちらともいえない…21名  
分かりにくかった…11名(専門用語が多すぎて初めての人には分かりにくい)

6. 講演者の話し方や進め方やスライドなどはわかりやすかったですか?
分かりやすかった…40名  どちらともいえない…18名  分かりにくかった…15名

7.講演会内容は今後の生活に活かせそうですか?
出来ると思う…45名  どちらともいえない…23名  いいえ…5名

8. 当会が行う講演会にまた参加したいと思いますか?
参加したい…48名  どちらでもない…18名  参加しない…7名

9.その他,ご感想やご意見,ご要望をお書きください。
≪患者≫
◎OCDのことをもう少し詳しく聞きたかったなあというのが率直な感想です。OCDという病気はまだまだ知られていないので情報がなかなかない分、こういう少ない機会でOCDのことを知り、治療のことを活かしたい機会にしたかったです。OCDのことに関する講演や交流会の会を増やして欲しいです。どうぞお願いします。今日はありがとうございました。
◎前半の話は主に依存についての内容だったので、強迫性障害の話が聞きたかった。質疑応答の時間がもっと長くあれば良かったなぁと思いました。
◎とても勉強になり、家族の大変さも思い反省しました。私の家族が、参加出来なかったので家族の対応の仕方を聞いてきてと言っていたので有難かったです。認知行動療法のことを知りたいので勉強会があれば嬉しいです。今日はありがとうございました。

≪家族≫
◎強迫性障害の病気の事がなかった。
◎前半の信田先生の実践的お話は具体的で良かったです。後半は聞こえにくかったです。
◎“OCDとは何か?”ということが、理解できる講演と思っていたが、良く分からなかった。この講演の目的が良く分からなかった。後半の対談の目的は?次回から講演の目的・内容を事前に明確に告知して欲しい。
◎内容は大変参考になったが、振り返ってみて自分の妻のためにどうできるのか考えると講演の内容をどう活かしたらいいか考え込んでしまった。相談できる所があればいいのだが。
◎OCDに特化した話をして欲しかった。
◎専門的用語が分かりにくかったです。OCDに関係する話をもっと聞きたかったです。
◎出来ればOCD中心の話を聞きたいと思います。マイクによって精度が違うようで聞きとりにくい部分がありました。
◎本当はありがとうございました。今回のDVDを作成されましたら購入したいと思います。
◎「ことば」の大切さを改めて考えさせられました。自分の機嫌によって、ぶっきらぼうな言い方になるので、今まで家族を傷つけていたのかもしれないなぁと反省もしました。今日の教えをこれから活かしていきたいです。ありがとうございました。
◎何か相談する時に、誰が困っているのですかと考える視点や、イネーブラーや共依存等今まで知らなかった視点や言葉や考え方を知る事で来て勉強になりました。子どもに接する時に参考にしたいと思いました。OCDの会も、OCDに詳しい医師やカウンセラーの全くいない場所に住んでいて、ネットでしか情報に触れる機会がないのでこういう研修会に参加するとOCDの子どもと向き合う上での知識や元気を貰えます。ありがとうございました。

≪対人援助職≫
◎知的障害のある人への対応について何かヒントがあるかなと思い参加しましたが、自分が子どもや主人に対してアイメッセージで接していくことが必要だと思え参考になりました。
◎今後の私の生活に少しでも役立てたいと思います。アダルトチルドレン、このお話も聞きたかったです。
◎患者さんの生の声が聞けた事が参考になった。
◎質問者の声が聞き取りづらかった。
◎ありがとうございました。マイクによっては、聞き取りにくい場合もありました。
◎とても有意義で豊富な臨床体験を踏まえて語って頂きうなずく点も多かったです。原宿カウンセリングセンターの他の先生により研修は、以前にも受けたことがありました。ただカウンセリングで対応する。クライアント様の主訴が時代とともに変化している点も共惑をもちました。対談も会場の参加者から質問が中心となり良かったです。盛況で良かったです。
◎信田先生の書かれた本や講演をこれまでお聞きし、今回も是非お話を聞きたいと思い申し込みました。家族についての話についてはもちろん、実際にセンターでカウンセリングが垣間見れて今後援助していく際に役立てる事が出来そうです。OCDに関しては知識不足で、家族にどういった弊害があったりするのか具体的には分かりにくかったですが、勉強したいと思いました。
◎新聞に強迫性障害を学ぶと書いてあったので“講演内容が強迫性障害中心”の話になると思っていたが、思いと違っていました。対応策などがない…。・レジメがなかったので、講師の先生についてやスケジュールが分からない。OCDの会の説明があると良かったと思います。・対談の中身が柱がなくよく分からなかった。人についての対談かテーマ―が明確な方が良かった。・フロアからの質問を出して…というのは難しい。治療の場やカウンセリングの場ではないので、患者さんの気持ちを引っ張り出すのはどうなのか…。質問を事前に集めておき、それに答えるというのはどうか。


≪その他≫
◎とても具体的で分かりやすかった。大学の先生の講義にやや不満を感じていたのだが、その点信田先生のお話はとても参考になった。



inserted by FC2 system